木床研磨塗装工事
木床研磨塗装工事

- 木床研磨塗装工事 -

 フローリングや学校の教室・体育館の床など古くなった木床を新品同様に再生します。木床研磨とは、特殊な機械で木の床を研磨して塗装しなおす処理のことを指します。この工事は、栃木県内の企業で請け負っている企業がほとんどなく、弊社の強みと言える部分です。

 木床研磨の手順としては、まず、下の写真のようなドラムサンダーで木床の表面を研磨します。
表面の劣化した部分を削り除いて、新鮮な木肌を露出させるため、変色したり傷んだりしている木の床でも、新しい木肌になります。

 その後、ポリッシャーで仕上げを行います。

 そして、研磨した後にウレタン塗装を行います。1回塗りをした後に、ポリッシャーを掛ける場合もあります。2回塗りを行い、乾いたら施工終了となります。

 フローリングなどの木床のリフォームは一般的には"張り替え"をイメージされる方が多いかもしれません。しかし、木床の場合は、古く傷んでしまった木の表面を研磨し、新鮮な木肌を露出させることで張り替えを行わずに、新築時のような状態に再生することができます。つまり必ずしも張り替えをする必要はないのです。無垢のフローリング材は学校の教室や体育館はもちろん、武道場、店舗、住居など様々な場所で使用されています。 教室や体育館、土足で歩く店舗などは特に床の傷みが激しく、汚れも日々蓄積されていきます。そのため、定期的なメンテナンスが必要になります。

まずはお気軽にお問い合わせください。
0289-64-0046
メールのお問い合わせはこちら
施工対応エリア 栃木県内

※栃木県外の場合対応をご希望の場合はお問合せください。

河内地区 (宇都宮市、上三川町)、上都賀地区 (日光市、鹿沼市)
南那須・芳賀地区 (真岡市、那須烏山市、市貝町、芳賀町、那珂川町、益子町、茂木町)
下都賀地区 (栃木市、小山市、下野市、壬生町、野木町) 、
那須・塩谷地区 (那須塩原市、大田原市、矢板市、さくら市、塩谷町、那須町、高根沢町)、
安足地区 (足利市、佐野市)

事業内容

遮熱塗装 、屋根塗装 、外壁塗装、内壁塗装、塗床工事、木床研磨塗装工事、
塗料販売、塗料調合

メーカー
販売店
〒322-0025 栃木県鹿沼市緑町2-6-26
TEL/0289-64-0046
© ONUKITORYO CO.,LTD.All Rights Reserved.