遮熱・耐熱塗装工事
遮熱・耐熱塗装工事

- 遮熱・耐熱塗装工事 -

遮熱塗装  遮熱塗装は遮熱塗料を用いた塗装で、温度上昇の原因となる赤外線を反射する塗料を使用します。熱を跳ね除ける為、建物内の温度上昇を防ぎ、空調設備の使用を抑えるため、結果的に光熱費の削減につながります。同じように建物の温度上昇を防ぐ方法として、断熱材を屋根の下に設置する方法もありますが、遮熱塗装と比較すると手間がかかり、価格も高くなります。

 遮熱塗料は以下のような建物に向いています。

 金属屋根は熱伝導率が高く、太陽熱が屋根材に浸透しやすくなります。そのため建物内に直接熱を伝えてしまい、室内の温度が高温になってしまいます。そこに太陽光を反射させる遮熱塗料を塗布する事で、室内の温度が下がり、結果的に建物の省エネ効果を高く発揮してくれます。工場の屋根外壁などには特におすすめです。


 吹き抜けは屋根からの熱が伝わりやすいため、温度が高くなりやすい傾向があります。遮熱塗料を屋根に塗布する事で、吹き抜けの暑さを軽減させる事が出来ます。


 建物は高い位置であるほど気温が上がりやすく、暑くなってしまいます。屋根や外壁に遮熱塗料を塗布する事で、2階の居間を涼しくさせる事が出来ます。


 遮熱塗料は濃い目の色に温度差を発揮します。黒や紺等の濃い目の色の外壁、屋根の建物にオススメします。

 遮熱塗装をお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

耐熱塗装  耐熱塗装は、各種工場内の配管設備やタンクなど高温になる部分に施す塗装です。高温に強い特殊な塗料を使用するため、一般の塗料では塗装不可能な温度の部分にも塗装することができます。
 工場運転時に高温になる配管やタンクなどは、腐食が発生しやすい環境にあります。また、老朽化に伴い、漏洩事故なども起こる恐れがあります。そこで老朽化している部分に耐熱塗装を施すことで腐食対策を行い、設備の寿命を延ばすことが可能になります。またごみの焼却施設など燃焼ガスが通る燃焼炉、ダクト内面などには耐熱・耐酸塗料が有効です。
 耐熱塗装を施工するには下地処理・素地調整が重要になります。塗料の種類、耐熱温度にもよりますが、1種ケレン(サンドブラスト処理)2種ケレン(ディスクサンダーなどの動力工具を手工具でさびや旧塗膜を除去し鋼材面を露出させます。)が必須になります。

 下地処理から塗装まで弊社で対応できますのでご相談下さい。

まずはお気軽にお問い合わせください。
0289-64-0046
メールのお問い合わせはこちら
施工対応エリア 栃木県内

※栃木県外の場合対応をご希望の場合はお問合せください。

河内地区 (宇都宮市、上三川町)、上都賀地区 (日光市、鹿沼市)
南那須・芳賀地区 (真岡市、那須烏山市、市貝町、芳賀町、那珂川町、益子町、茂木町)
下都賀地区 (栃木市、小山市、下野市、壬生町、野木町) 、
那須・塩谷地区 (那須塩原市、大田原市、矢板市、さくら市、塩谷町、那須町、高根沢町)、
安足地区 (足利市、佐野市)

事業内容

遮熱塗装 、屋根塗装 、外壁塗装、内壁塗装、塗床工事、木床研磨塗装工事、
塗料販売、塗料調合

メーカー
販売店
〒322-0025 栃木県鹿沼市緑町2-6-26
TEL/0289-64-0046
© ONUKITORYO CO.,LTD.All Rights Reserved.